読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013 Top 20 (1/2)

必死でプレイリストとにらめっこして今年の20曲選びました。厳密には去年の11月から今年の12月までですが1ヶ月くらいは許してください。

 

20. Above & Beyond / Far From In Love (San Francisco Mix)

これ一回紹介した気がします。3月頃にトランスの曲を探している時に見つけた記憶が。フレーズが超綺麗。10年前の曲だけど現代でも全然通用します。

 

 

 

19. Shingo Nakamura / Hakodate (Original Mix)

2012年のSilk Royal ShowcaseのYear Mixの1曲目でした。春にそのMixをずっと聴いていて惚れ込みました。どこか懐かしい温もりを感じる一曲です。函館山からの夜景を眺めながら聴いてみたいですね。

 

 

 

18. Armin van Buuren / This Is What It Feels Like (W&W Remix)

(個人的に)今年大ブレイクしたと感じているアーティストの1人がW&Wです。元々実績はありましたが今年はEDM路線に完全に乗っかりメインストリームをひた走っていたように思います。ブレイク明けに単音を延々繰り返す部分なんかはまさに王道Big Room Houseだと思います。この曲は4月末のオランダ国王即位イベントの際にもArminがプレイするなどまさに上半期の大アンセムだったと言って差し支えない程度にはプッシュされていました。

 

 

 

17. Dash Berlin & Alexander Popov feat. Jonathan Mendelsohn / Steal You Away (Club Mix)

夏にASOTで見つけた一曲。8月に鈴鹿サーキットに向かう電車の中でずっと聴いていました。こういう感じのシンセの音が綺麗めなEDM系統の曲はとてもいいですね。フレーズもかなり泣きを誘うエモーショナルな旋律で耳に残ります。

 

 

 

16. Mohamed Ragab / Sharm (Ian Standerwick Remix)

適当にbeatport巡ってたら見つけた曲。Upliftingの完成形とはこういう曲だと思わされた一曲です。壮大なブレイクから一気に疾走感溢れるシンセリフに切り替わる瞬間の高揚感は言葉に出来ないものがあります。

 

 

 

15. OceanLab / Satellite (Original Above & Beyond Mix)

春に知人に借りたCDの中からの一曲。言わずと知れたOceanLabの大アンセムですね。実は最初は良いと思いこそはすれど、めちゃくちゃ良いとまでは思っていませんでした。ランダム再生で何度も流れるうちにいつか耳にフレーズが馴染んでいって、気づいたらリピートで何回も連続で、というタイプの曲。

 

 

 

14. NMB48 (山本彩山田菜々横山由依) / 太宰治を読んだか?

動画は1:55~くらいからどうぞ。あとワンコーラスです。いろいろなエピソードがある曲ですが、この動画には、AKBとの兼任が解除されてしまいNMBに在籍していない横山由依が、NMBの東日本ツアー最終日、前年に紅白出場を逃した場所であるNHKホールでのライブにサプライズ登場した、という裏側があります。このエピソードだけでも胸が熱くなるのですが、もちろん曲の方も爽やかな清々しい一曲です。

 

 

 

13. Protoculture / Laguna (Original Mix)

冬の終わりに聴いて一応チェックリストには入れていたもののそのまま放置していたのですが、ASOT2013を購入してMixを聴いていた時にこの曲が流れてめちゃくちゃかっこいい!と思いました。何が化学反応を起こしたのかはわかりませんが、とにかくかっこいいです。ブレイクで流れるメインフレーズの音が圧倒的にかっこいいです。本当にかっこいい。

 

 

 

12. Nova Fronteira / Everybody Loves the Sunshine (Sean McCabe Remix)

タイトルはサンシャインですが5月末に見つけて梅雨の時期は本当にこの曲ばかり流していました。全然サンシャインじゃないです。ずっと流していても疲れない、良い意味での音の軽さがとても魅力的です。

 

 

 

11. NMB48 / 北川謙二

インパクトのあるタイトルとわかりやすいフレーズですぐ覚えました。あとMVの衣装がものすごく好みです。こういうメルヘンな衣装好きなんですよね。この曲も良いんですが、カップリング曲も軒並み良い曲が揃っていると思うので、北川謙二は本当に名盤だと思います。渋いタイトルだけど演歌じゃないよ!(ラジオでさや姉が言ってました)